• 院
  • tel
  • line
  • map
  • 院
  • tel
  • line
  • map
  • 院
  • tel
  • line
  • map

腱鞘炎

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 手をつくと痛い
  • ビンの蓋が痛くて開けられない
  • 物を持つときに手首が痛む
  • 手首を動かすだけで痛い
  • 包丁を使うときに痛む

なぜ腱鞘炎は起こるのか?|まっすぐ整骨院グループ

一般的には手や指の使い過ぎで起こるとされています。

腱鞘とは、骨と筋肉をつないでいる腱を包み、腱が滑らかに動くよう支える部分です。トンネルのような形をしておりその中を腱が通っています。この腱鞘と腱に摩擦が生じ、繰り返し負担がかかり続けること炎症が起こります。その中でも、親指に起こる腱鞘炎を「ドケルバン病」と呼び、近年ではスマートフォンを長時間使用することによる指の使い過ぎで腱鞘炎に悩む方が増えています。

腱鞘炎を放っておくと…|まっすぐ整骨院グループ

指の変形を起こす恐れがあり、スマートフォンの使用による親指の変形を「テキストサム損傷」と呼びます。指が変形することで腱が引き伸ばされるため、痛みがより悪化する恐れが出てきます。

腱鞘炎の治療として、湿布薬や鎮痛剤を処方されることが多く、重度の場合は、注射や手術といった選択を迫られる方もいます。しかし、どれも腱鞘の炎症を抑えるだけのもので、炎症を起こしている原因は全く解決されていません。なので、その後同じ痛みを繰り返すことが多くなっています。

そもそも、手や指の使い過ぎで腱鞘炎になるのでなく、間違った使い方をし続けることで腱鞘炎が起こります。

私たち治療家はおそらく、一般の方よりも多く手と指を毎日使い続けています。しかし、腱鞘炎になっているわけではありません。これは、手と指に負担を残さないように正しく使っているからです。

間違った使い方をしてしまう原因は、姿勢の崩れによる背骨の歪みです。手と指の筋肉を使うとき、胸や背中の筋肉も同時に使われます。背骨に歪みがあることで背骨周りの筋肉の働きが悪くなり、手と指の負担が大きくなってしまうのです。

痛みが出ているところだけを治療してもまた痛くなるのは背骨周りの改善がないためです。

まっすぐ整骨院グループ(港区の八幡屋鍼灸整骨院、大正区のまっすぐな鍼灸整骨院、西成区の千寿鍼灸整骨院)の腱鞘炎施術|まっすぐ整骨院グループ

まっすぐ整骨院グループでは、つらい痛みを取り除くために特殊電気ハイボルトを使用します。高電圧の電気を流すことで神経の興奮を抑え、痛みを緩和させます。また、電気刺激の苦手な方は、鍼灸治療や振動を利用して関節を整えるMIインパクトなどを利用し、その方に合った施術でまず痛みをとっていきます。

痛みが治まれば、根本の原因である背骨を整えていきます。ここでは、MIインパクトを使い、背骨一つ一つを正しい位置に戻し、歪みを整えていきます。背骨が整うことで、手と指にかかっていた負担が、体全体でバランスよく使えるようになり炎症を繰り返しにくくなっていきます。

また、日常での動作を正しい使い方に変えるため、姿勢のアドバイスや正しいスマートフォンの持ち方など、自宅でのケアを紹介させていただき、腱鞘炎に悩まない生活を実現していただきます。

痛みに耐えながら、湿布などでごまかして毎日頑張っている方。もう悩まないでください!ぜひ私たちにお任せください!

当グループへのお問い合わせ

八幡屋鍼灸整骨院

LINE予約

住所
〒552-0014
大阪府大阪市港区八幡屋1-10-8
アクセス
中央線 朝潮橋駅から徒歩6分

診療時間

まっすぐな鍼灸整骨院

LINE予約

住所
〒551-0031
大阪府大阪市大正区泉尾2-11-9
アクセス
堀鶴見緑地線 大正駅から徒歩12分

診療時間

千寿鍼灸院整骨院

LINE予約

住所
〒557-0044
大阪府大阪市西成区玉出中1-12-12
アクセス
四つ橋線 玉出駅から徒歩4分

診療時間